*

薄毛には何がいいの?

今の時代、育毛剤の種類がすごく多いです。価格も、お手頃なものから高価なものまであり、どれがいいのかわからなくなるくらいです。

 

まだ薄毛ではない人、すでに薄毛の人、使用する人もさまざまです。よく、私が子供の頃、祖父がお風呂あがりにパンッパンッとブラシで薄毛の頭皮を叩いていたのを覚えています。

 

そのやり方は頭皮に良くないということを後から知り、妙に納得したこともありました。薄毛の原因も人さまざまですが、毛穴に皮脂がたまり毛穴が死んでしまい生えてこなくなるという皮脂が原因のパターンが一番有名な情報かと思います。

 

毎日頭を洗うのが良いとか、毎日頭を洗うと皮脂が落ち過ぎて逆に頭皮に悪いとか情報も色々飛び交い、さらにさっぱりわからない状態に落ちいる今日この頃、、、。

 

持病を治すには漢方が一番良いみたいに、これだ!というものがないのかと、漢方に詳しい友人に聞きました。

するとなにやら、薄毛にも漢方療法があるというのです。漢方って、即効性がないし、価格も高価というイメージがあり持続するには難しいイメージがあったので、あまり興味がありませんでしたが、友人の話にはつい夢中で聞いていました。

 

それはセンブリが良いというのです。センブリとはよくテレビで罰ゲームで飲ませれてるとても苦いセンブリ茶のセンブリです。そのセンブリに薄毛を抑止し、毛根を活性化させる役目を持っているというのです。お湯でセンブリの出汁をとり、頭皮に直接塗るそうです。

 

皮膚が弱い人はかぶれたりするらしいので、頭皮とは違うところで試してから塗る方が安心ですよね。頭皮がかぶれてしまっては前に進まないどころか育毛からはズレてしまいますから。センブリもそこそこ高価なんですが、あのたくさんありすぎて、どれが良いかさっぱりわからない育毛剤を買うより、いちかばちかセンブリを試してみようかなぁと思います。

育毛関連 http://amenity-world.net/maincont/main2.html